出版「マルシェのつくり方、使い方: 運営者・出店者のための教科書」

2009年に日本で始まったマルシェに関わること10年。
農林水産省が立ち上げたマルシェジャポンから広まった日本のマルシェとは一体何だったのか。
私なりに感じたマルシェの魅力や価値、将来性、使い方などについてを
運営する側、出店する側、ビジネスの3つの視点から1冊の本にまとめてみました。

▼執筆をしたワケはこちらにまとめています
第1人者として10年間で1000回以上開催している”マルシェ”を書籍にしたワケ

▼内容紹介
ヒルズマルシェなど6つのマルシェを10年間、運営してきた著者が紹介する、地域密着型マルシェの「運営」と「出店」のノウハウ。
マルシェをまちづくりの起点にしたい運営者、マルシェをビジネスの柱にしたい出店者に役立つ、企画から開催までのオペレーション、継続するコツや成果の出し方まで、豊富な実践例から解説。

>>購入ページはこちら(Amazonへリンクしてます)

あわせて読みたい